楽天証券の投信定期売却サービスがスタート 投資信託の最適な出口戦略

楽天証券で投資信託の定期売却サービスが開始されます。

楽天証券公式サイト↓(以降の画像、図は公式サイトより引用)
投信定期売却サービス開始(2019年12月29日より)

定期売却サービスバナー

最近は、各社が競って海外ETFの手数料無料化を発表しています。
楽天証券でも、一部の海外ETFの買付手数料化されています。
しかし、売却時には相変わらず手数料がかかるのでちょっと微妙…。

そこにきて、この発表。

投資信託をメインに投資している人にとっては、
こちらの発表の方が嬉しいのではないでしょうか。

とくに、「定率指定」は業界初。

3種類の売却方法をうまくつかえば、ETFの特徴でもあった「配当金」が出ているように売却することもできます。

今回は、このサービスをどのように使うとよいのか紹介します。

3種類の定期売却方法

まずは、概要から。

・対象は、積立可能な投資信託
・NISA口座、つみたてNISA口座でも可能。もちろん一般口座も。
・指定日は月1日指定。1~28日まで。
・受取日が休日の場合は、前営業日に。

売却方法は、3種類。
それぞれ確認していきましょう。

金額指定(1,000円以上1円単位)

毎月指定日に一定額を売却します。

金額指定

配当金のようなイメージですね。
年金のように、毎月一定額を受け取りたいときに使えます。

利益を下回るように金額を設定しておけば、ETFのように元本を取り崩さずに運用を続けられます。
(評価額が予想より大幅に減少してしまうとダメですが)

定率指定(1%以上0.1%単位)

指定した率に相当する口数を売却していきます。

定率指定

設定時の口数に対してではなく、売却時の口数に対する割合になるのがポイントです。
口数の割合で売っていくので、その時の評価額により受取金額が異なります

図にあるように、2か月目は、当初の口数からみると1%ではなく、99%の1%なので0.99%売却することになります。
そのため、1%に設定した場合でも、100か月で全て売却するわけではありません。

期間指定(最終受取年月を指定)

最終受取年月を指定して、月数で等分した口数を売却します。

期間指定

こちらは、追加投資・再投資・一部解約がなければ、指定期間で全て売却できます。
また、指定した期間により、毎月売却する割合も変わることになります。

当初の口数から一定の割合で売却していくため、売却時の評価額により毎月受け取れる金額は変わってきます。

定率での売却が効果的

投資信託をメインに資産形成している人は、
どのタイミングで売ったらよいのか
で悩むことになります。

一般的に良い手法とされているのは、
定額で購入し、定率で売却する
というものです。

コチラの本でも紹介されています。
読まないと損をする、インデックス投資の指南書(お金は寝かせて増やしなさい/水瀬ケンイチ)

定率で売却するということは、口数ではなく売却額ベースでみれば
評価額が高いときはたくさん売って、低いときはあまり売らない
ということになります。

米国では、
引退後は年率4%で取り崩していくと亡くなるまで大丈夫
なんて言われています。

いわゆる「4%ルール」です。
(注:現在では、4%では亡くなる前に資金が底をつく可能性が高いという検証結果もでています。)

しかし、割合は考慮が必要なものの、資産をなるべく減らさないという点では、想定される利益の範囲内で定率で取り崩していく手法は効果的だと思います。

0.1%以上にして欲しかった

さっそく定率指定で「4%ルール」を設定してみましょう。

と、ここで問題になることがあります。
定率指定は、1%以上からしか設定できないのです。

4%はルールは、「年率」です。
一方、楽天証券の定率指定は「毎月」です。

毎月1%ずつ売却していくと、
年率換算で11.4%取り崩す
ことになります(注:1%×12月=12%ではありません)。

これでは、亡くなるまで資産がもちません。
1%以上ではなく、0.1%以上0.1%単位に改善して欲しいところです。
最低金額は設定してもらってもかまわないので。

楽天証券が、定率指定の最小値を変更してくれるまでは、
期間指定で似たようなことをやるしかありません。

年率4%にしたいなら、最終受取年月を25年後に設定します。

途中で追加投資・再投資・一部解約があると想定からずれてしまいますが、年率11.4%以下で取り崩したい場合は期間指定を利用するとよいでしょう。

ETFではなく、投資信託で

よく、ETFと投資信託はどちらが良いか?ということで比較がされています。

その際にETFのメリットとして挙げられるのが、
・信託報酬が安い
・定期的に分配金が出る
・リアルタイムで取引可能
という点です。

最近は、隠れコストはありますが、投資信託の信託報酬が下がりETFに近づいてきました。
今後も、各社の競争により下がっていく可能性もあります。

そして、楽天証券が始めた「定期売却」。
これにより、元本を取り崩さずに定期的に分配金(のようなもの)を受け取ることも可能になりました。

ETFを組み合わせて、毎月分配金を受け取れるようにする
なんてことも、不要になります。

SPYDやHDV等が、売却も含めて手数料無料になるなら話は別ですが、
もうETFと投資信託で悩まずに、
投資信託を買えばいい
と言えます。

※2020年1月5日追記

定期売却では、積立設定がされている銘柄は指定できないようです。
積み立てながら、少しずつ売却するということはできないことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

現金チャージで最大2.5%ポイントもらえる
今すぐAmazonでチャージする!
現金チャージで最大2.5%ポイントもらえる
今すぐAmazonでチャージする!